2014年8月4日月曜日

雑草、そして庭に似合う服

雑草がすごいです。
抜いても抜いても追いつきません。
大体2週間で復活です。
暑いので、朝5時半に起きて、犬の散歩から帰ってきてから雑草取りを始めるのですが、
雨が降っていない、私のテンションがある程度高いなど、いろいろできる条件があるのと、
1回に45リットルのゴミ袋1つまでと決めてやっているので、
雑草に完全に追い抜かれています。
今朝もやろうと思ったのですが、起きたら鼻水がひどくて(たぶん寝冷え)できませんでした。

で、きのうは最近、特に広がってきたヤブガラシというつる植物の雑草について、
どうやったら駆逐できるか検索して調べていたのですが、
危険な農薬を使えばいいという回答がほとんどで、
参考にならないので、地道に抜いていくことにしました。
塩水をまけというのもあったけれど、それじゃ、ほかの植物も枯れてしまいます。

そんな検索をしていたら、園芸研究家の吉谷さんのブログにたどりつきました。
ちょうど私が庭の本を買い始めたころが、吉谷さんも雑誌に出始めたころなので、
20年ぐらい前から吉谷さんは知っているのですが、最近、庭のことはご無沙汰していたので、
近況はよく知りませんでした。

そうしたら、約1年前から洋服のブランドをやっているということで、
ファッションブログもありました。
で、吉谷さんがデザインしたという服をしばし眺めていたのですが、
これからはこういうのもありかなと思いました。
吉谷さんのコンセプトは明快で、お庭に似合うファッションです。
シーンが庭か、コンサバトリーか、カントリーサイドか、そんな感じです。
庭仕事のときの作業服も含めて、庭をめぐるときの服装。
そこに特化したブランドです。
たくさんは売れないでしょうけれど、欲しい人はある程度の人数いると思います。

山歩きのための服、ヨガのための服、庭のための服、
あと何があるかな?
そんなふうに趣味から広がっていく服は、まだ何か出てくる可能性はあるでしょうね。
これらは流行に影響されにくいのも特徴です。
いろいろなところで、いろいろな趣味の小さいグループがそれぞれそれにあった衣装を着ている、
それが未来の姿かもしれません。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。
★8月24日(日)「潜在意識の声を聞こう」ワークショップのお知らせはこちらです。