2014年8月20日水曜日

家計簿をながめて


きのうは家計簿をながめて、
今年後半、というか冬の節約について考えました。
私は現在、「うきうき家計簿」というフリーソフトを使って家計簿をつけているのですが、
自分で項目が設定できるので、
項目ごとの動向を知ることができます。
変動の少ない通信費などはどうにもなりませんが、
減らせそうなのは、電気代。
今、「でんき家計簿」も登録して、使用量をグラフ化しているので、電気代の動きもわかります。
とにかく冬の電気代が高い。
要するに、暖房器具にかかった電気なのですが、
これを何とか減らせないものかと考えていました。
うちは灯油ファンヒーターも使うので、
灯油代もかかりますから、
せめて電気代はおさえないと・・・。

先日、隣のおばさんに冬の暖房について聞いたら、
なんと、イスと同じ大きさの電気敷物1枚で、あとは何も使ってないそうで、
冬でも電気代が変わらないということでした。
さすがに、それは無理。

何かいい方法はないだろうかと思って検索していたら、
長野に住む人が、
防寒のために冬は家の中でも登山用のインナーを着ていると書いているのを見つけました。
早速調べると、メリノウールのインナーがあって、
それはハイテク素材よりもずっと温かいという話。
これはいいかもしれません。
上下であるから、これを上下で着たら、暖房費を浮かせそうです。
それから電気毛布か、電気膝かけ、どちらかを併用すれば、
かなり電気代を減らせそう。

昔と違って、家計簿は自分で計算しなくても集計が出ますから、
全体を見渡すことが容易になりました。
これを利用しない手はありません。


冬の電気代対策はもうちょっと考えます。
まだほかにも何かいい方法があるかもしれません。
わかったら、取り入れて、それを実行してみます。
そして、その結果を見て、検討してみます。
そうしないことにはわからない。
なんでもそうですけれども、
やってみないことには、わからないです。

☆写真:シュウメイギク

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。