2014年8月10日日曜日

夏の庭、雑感

きのう、今日と涼しい日々が続いています。
夏のひと休み。
懸念だった草取りを少しして(全部は無理)、
ついでにちらほら咲いているバラを切ったり、
ほったらかしにしてあった、じゃがいもを収穫しました。
じゃがいもはわざわざ植えたものではなく、
春までの間、野菜くずを生け込んでいたエリアに、
芽が出たじゃがいもを植えたところ、芽が出て、育って、収穫できたというもの。
だから、全く期待はしていなかったのですが、
掘り出してみたら、ちゃんとじゃがいもができていました。
植えてみるものですね、じゃがいも。
ただ、連作はだめらしいので、次に植えるときは場所を変えなければ。

今年は冬も大雪だったし、夏も猛暑なので、
1年を通して、温度差が激しいです。
この温度差に耐える植物というのは、木を除いては少ない。
冬に調子がいい植物は夏だめだし、その逆もしかり。
ご近所の庭を見ていても、
きれいにしているところは、いわゆる花の庭はあきらめている感じです。
1年じゅう、花があるようにするためには、
常時、宿根草と1年草を植えて、変えて、植えてを繰り返さなければなりません。
そのためには結構お金がかかります。
うちはかろうじて、チューリップの球根を毎年植えるぐらい。今のところ。

バラも夏はへろへろ。
本当は咲かせてはいけないのですが、毎年少し咲かせています。
そういえば、かなり大きくなったナエマも枯れてしまいました。

庭もインテリアもそうだけれども、
たまに素敵な実物を見ると、いい刺激になります。
写真は、知識や情報として入ってくるけれども、
圧倒的な何かが欠けている。
圧倒的に迫ってきて、それが刺激になって、
こちらも動こうとまで思うのは、やっぱり実物。
服は本当にいいものに触れ合える機会がふえたけれども、
インテリアと庭に関しては、そういう機会がまだまだ少ないです。
(私に関しては、だけだけれども)
モノにもエネルギーフィールドがありますから、
それを感じられるのは、そのものと直接ふれ合ったときだけ。
きっとそのふれ合いが、こちらにやる気を起こさせるのでしょう。
心奪われるようなインテリアと庭に、もっと出会って、
自分のやる気を動かしたいです。

☆写真:たいした写真じゃないんですけれど、夏のバラ。ベンジャミンブリテン。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。
★8月24日(日)「潜在意識の声を聞こう」ワークショップのお知らせはこちらです。