2014年7月2日水曜日

リアリティ

ファッション業界の人も、
スピリチュアル業界の人も、
現実を無視することに非常に長けています。
洋服を作っている現場も、
日本のファッション雑誌も、現実は無視です。
(外国の雑誌は違います。ある程度までは書いています)

スピリチャル業界の人も、
「引き寄せの法則」が大手を振って登場してきてから、
自分の半径5メートル以上の世界は見ようとせず、
それ以外のことはなかったことにしようとしている人たちが台頭してきました。
だから、自分さえよければいい、ということになってしまいます。

「引き寄せの法則」が万能でないのは明らかです。
この考え方はアメリカからやってきましたよね。
アメリカでどれだけ流行っているかは知りませんが、
もしそれが本当で、ある程度流布しているのなら、
アメリカの貧困問題は解決しているはずです。
(引き寄せの法則信奉者って、よく富は無現です、
みたいなことを言うよね)
解決するどころか、増え続けています。

彼らに共通して言えることは、
反知性主義であるということです。
どちらも、独特の幼稚さと、無知さ、
そしてそれによる、他のことへの無関心さを有しています。
(それから、これを着ればモテるとか、
これを持っていれば幸せになれるとか言うところも似ている)

だけれども、
無視しようが、
無関心でいようが、
その現実が消えるということはありません。
それは自分の半径5メートル以内の世界にも、
浸透しています。

ある程度までは無視と無関心でいけると思うし、
そういう人たちは確かにいます。
けれども、その後はどうなのかしら?

その後については、まだ未確認なので、
今後も観察し続けていきたいと思います。


☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。