2014年7月14日月曜日

ライブはいいな

きのうは、私が1人でワークショップをしました。
もしかして、ある程度人数を集めて、
2時間ずっと何かしゃべったり、教えたりするのは初めてかもしれません。
きのうはしゃべることと、実習の大枠だけ決めてあって、
詳しいスクリプトもなく、知っていることをお伝えしていました。
私は早口なので、途中、予定時間より早く終わるかもと思ったのですが、
結局、時間どおりでした。
最初に2時間と意図しておけばそうなります。
面白いことに。

きのうは半分が実習だったのですが、
それはやはり文章ではお伝えし切れないものです。
文章化はできます。
書いて書けないことはないです。
けれど、書いたものを読んで理解するのと、
実際にやってみるのとでは大きな違いがあります。
特にきのうのような、筋肉の微細な動きを見るものは、
言葉では伝え切れません。
文字情報以外のもの、
見えないけれども存在する情報が大きいからです。
だから、ライブはいつも楽しいです。

演劇もダンスも音楽も、どんなに録画して見たとしても、
そのときと同じものの再現は決してできません。
録画したものは、もうすでに違うもの。
そういう意味では、音楽のCDも、美術の図録も、
実際のものの100パーセント再現ではありません。
そして、もとのものがくれる情報や感動のほうが大きいです。
ですから、ライブの楽しさがわかると、
ずっと通いたくなります。
それが音楽ファンであり、演劇ファンであり、ダンスファンなのだと思います。
私も20代のころは演劇とコンテンポラリー・ダンスとロックのライブにたくさん通いました。

自分で言うのもなんですが、
きのう私がやった「ライブ」も、見えない情報が大きいものだったと思います。
実際の情報としても、ブログには書いていないことがほとんどでした。

こういう、文章だけでは伝えられないけれども、
教えることができることが、私にはまだあるので、
これからも「ライブ」をやっていきたいなと、きのうは思いました。
場所はきのうと同じ場所でね。
(すごく気に入っているのです。近いし)
とりあえず、8月にきのうと同じ内容でまたやりますから、
興味のある方は、いらしてくださいませ。
果物はプラムじゃないけれど、なんかあります。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。

★ こちらのブログおよびメールにて、個人的なご相談、ご質問は受け付けておりません。個人的なご質問、ご相談はセッションにてお願いいたします。