2014年6月23日月曜日

メンズもゆるくなっている

本題に入る前に、
7月に開催するワークショップですが、
案外早く埋まってしまいました。
ご予約いただいた皆様、ありがとうございます。
今回やる内容は、実生活に何かと役立つものなので、
農家さんと相談して(フルーツの収穫時期について)、
8月にも同じテーマでやろうかなと思っています。
8月になると、ソルダムか、梨、ブドウです。
ですので、やっぱり行きたいなという方は、
こちらのブログで発表しますので、引き続きチェックしてくださいね。

さて、現在、ミラノでは2015年メンズの春夏コレクションが開催されています。
ちらっと見たのですが、
みんなゆるいです。
夏だからのせいもあるとは思いますが、
ボトムはスウェットパンツだったり、半パンツだったり、
中には、それはパジャマでは・・・みたいなものもあります。
メンズはレディースほど、流行の変化が激しくないのですが、
ここへきて、急にゆるさがはっきりした感じがします。

このゆるいスタイルを披露しているのは、
どれもみな、若くて、決して太ってはいないモデルさんたちです。
だから、どんなにゆるい服を着ていても、
みんな格好いいです。

ゆるい服は、引き締まった体の持ち主にしか似合いません。
体そのものがだらしなく、ゆるっとしている場合、
その上にゆるい服をのせたら、
それはただ単にだらしない人です。

服がゆるく、リラックスしたスタイルになればなるほど、
体は鍛える必要が出てくる。
これは女性も同じなのですが、
男性のほうが、もっとはっきりしているかなと思います。

ゆるい服が流行っているからといって、
楽ちん、楽ちんなどと、喜んでいる場合ではありません。
それだけ肉体や生活の態度が問われるのですから。

実際にこのゆるい服、どこまで浸透するかわかりませんが、
日常的なウエアとしては出てくるだろうな。
体を鍛えている皆さんは、堂々と着てくださいませ。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。