2014年6月2日月曜日

真珠を持っているのなら、それは使うに限る。

きのう、初めてネットのオークションのサイトをよく観察しました。
聞くところによると、最近、
リサイクルショップに服やアクセサリーを持っていっても、
100円にもならないという話を聞いたからです。
リサイクルショップよりは、まだオークションのほうがましであると。

確かにリサイクルショップや質屋さんは、
中間マージンを取られますから、
買い取り価格と売るときの価格がかなり違います。
その点、オークションは売れたらその額が自分に入りますから、
そのほうがいいに決まっています。
ただ、売れたらの話ですけど。

オークションでも、ある特定のブランド品の価格は安定していました。
それでもひと昔より安く取引されている感じはします。
しかし、何よりも驚いたのは真珠のアクセサリーの値段の安さ。
新品で定価が15万円なんて書いてあっても、
売値はせいぜいよくて1000円。
ほかにも150円とか270円とか書いてありました。
きのう見たときはミキモトや田崎なんかのブランド真珠はなかったのですが、
それにしても、安すぎ。

真珠って、確かにジュエリーで、ジュエリーショップで売っているものですし、
買うときはそれなりにお値段がしますが、
やはりもともとは生物の一部分なので劣化します。
金やダイヤモンドと違って、永遠の価値があるものではありません。
たぶんそれが原因で、1度、誰かの手に渡った真珠は、
いわば二束三文のようです。

だとしたら、いらなくなったら売ろうとか考えないで、
今持っている真珠は頻繁に使うほうがいいです。
パールのネックレスって、持っている人は多いと思うのですが、
実際、やっているかというと、そうでもない。
明らかなイミテーションのじゃらじゃらしたものをやっている人は多いですし、
最近は、コットンパールという手軽なものも出てきたので、
それをしている人はよく見ますが、
本物の真珠をしている人を多く見かけるのは、
お通夜とお葬式ぐらい。
でも、真珠をお通夜とお葬式にしか使わないなんて、もったいないです。
買ったときから劣化は始まって、
いらなくなっても、二束三文でしか買い取ってくれないのだったら、
とにかく機会があるごとに身につけたほうがいい。

ただし、真珠は汗に弱いので、夏は注意です。
使い終わったら、汗をふいておきましょう。
酸にも弱いとのことなので、果物にも注意。

服もバッグも靴もジュエリーも使わなかったら、ただの置いてあるモノ。
手に入れたなら、放っておかないで、売れなくなるほどに使い切りたいです。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。