2014年5月21日水曜日

余裕が出てきた人たち

朝のうちに、うちの庭のばらの写真をとろうと思っていたら、
今朝は大雨です。
今年は心なしか、雨が多いような気がしますが、
皆さんの地域はどうでしょうか。

最近、友だちやクライアントさんの皆さまから、
退職、離婚のお知らせを続々といただきます。
皆さん、いろいろ終わらせているようです。
これら、ほとんどの方々は言われる前に、
自分から先に動いている方たちです。
自分から先に動いている方たちには、
一種独特の心の余裕があります。
普通だったら、かなり動揺しそうな出来事なのに、
腹が据わっているというか、
達観しているというか、とにかく余裕です。
どっちにしろ避けられない出来事なら、
いきなりやってきて、あわわとなるよりも、
余裕で受け止めるほうが、ずっと楽です。

なぜ余裕なのだろうかと観察していたら、
ちゃんとつぎの予定や心づもりがあるからです。
たとえば、離婚ですが、
自分から切りだした離婚は、逆に早く離婚したくなっちゃうらしいです。
そうしないと、女性は離婚後6カ月、再婚できませんから。
離婚する前に誰かと付き合ってしまったら、
それは不倫で、法律にふれますわよ、
ということです。

退職も、もうここでやめますからと余裕でおっしゃっている方々は、
つぎどうするか、決意した皆さんです。
留学する、学校へ行く、自営業になるなど、
決めてしまった方は余裕です。

(まあ、うちへ来てくれた皆さんは星の動きで、
いつ離婚か、いつ仕事が終わるかわかっちゃったから、
余裕というのも、もちろんありますけど)

決められるのを待っているだけというのが、
一番弱い存在でしょう。
でも一歩そこを出たら、
会社勤めや妻でいることほどの(社会的な)安定はなくても、
違うところから強さが出てきます。
なぜなら、それは自分で決められるから。
お金が少ないなら少ないなりに、
一人なら一人なりに、
できる範囲で楽しくやればいいわけですから、
予算も都合もスケジュールも全部自分で決めればいい。
自分で決めると決意した瞬間、
余裕が出てくるのかもしれません。
余裕が出てきた人たちはかっこいいです。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。