2014年5月17日土曜日

20代のファッション

きのうのクライアントさんがまだ20代前半だったので、
ふだんはあまり考えない、20代のファッションについてちょっと考えてみました。

まず、ファッションにお金をかけなくていいです。
違うことに使ってください。
周囲がブランドもののバッグを持っていたり、
雑誌にたくさん出ていてあおられますけど、
冷静に、距離を置いて考えて。
20代で買ったブランドバッグなんて、
30代で持つ気にもなりませんから。
まして、高級な時計なんていらない。
どんなに高い時計をしたところで、
持っている時間は同じ。

あとになって、20代のときに何を着ていたかなんて、
写真でも見ない限り、思いだしません。
ブランドバッグを買うぐらいなら、
同じ値段で布やかごのバッグを買って、
色の組み合わせについていろいろ実験してほしい。

あと、今は流行が切り替わった後の時期なんですが、
人はなぜか20代の楽しかったときのファッションをひきずる傾向があります。
だから今の20代は、前の流れ、
つまり何でもタイトだったころのシルエットにこだわる傾向が出てくるわけ。
一番流行ったものは、つぎの流行が始まると、
一番古臭いものになります。
流行の転換期に20代だった人は、その一番古臭いシルエットを引きずる人が多いです。
だからまずはそこを注意。
もう終わってますから。
高いものを買ってしまうと、捨てられなくなります。
だからよけい、高いものを買う必要はありません。
もっと軽やかに、時代と自分を見極めて、
失敗して学ぶ期間に使うといいと思います。
ブランド物を持つのは、30過ぎてからで十分です。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング」等、各種セッションのお知らせはこちらです。