2014年4月9日水曜日

家計簿つけてる?


占星術のセッションにいらしてくれた方で、
土のエレメントが少ない方に、
「家計簿つけていらっしゃいますか?」とお聞きすると、
99パーセント、つけていませんとお答えになります。
土のエレメントは金銭感覚も示しますので、
そこが洗練されていないと、(欠如は洗練されていないということ)
家計簿はつけないという形で出る方が多いです。
(ただし、ビル・ゲイツも土のエレメントがないです。あの人はつけてるでしょうねー)

被服費を節約したいなら、
まずは年間予算を組み立てて、家計簿をつけないことには、無理でしょう。
昔ながらの単純な方法だと、
1年分の被服費を封筒に入れておいて、
そこから使っていくというやり方もあるでしょうけど。

まあ、家計簿も予算もないという方は、
それだけ余裕があるということなんでしょうけれど、
感覚で減らすのは至難の業だと思います。

現在、私は「うきうき家計簿」というソフトが気に入っていて、
日々の支出はそれにつけています。
それからこの前の青色申告のときに、何かいいソフトがないか探していて、
そのときに見つけたFreeeという、クラウド形式の会計ソフトを導入しましたが、
それも使いやすいです。
ただし、クラウドなんで、内容がいくら守られているとはいえ、だだもれでしょうけれども。
違法な会計処理をしているわけではないので、だだもれでもよしとしました。

これらは、1度なれると、手書きの家計簿より早いです。
家の家計簿のほうは、銀行ではないので、ちょっとぐらい間違っても気にせず、
とにかくその日に買ったものはつけるようにしています。
もらったレシートも、入力したら捨てるというルールにしているので、
もれはありません。

水道光熱費なんかも年間を通して振り返ることができるので、
いついくらぐらい使ったかわかって、電気の使い方の見直しもできます。
無駄を減らすためには、家計簿をつける、年間どんなふうにお金を使ったか振り返る、
新しく予算を立てるという作業が必要だと思います。

そんなわけで、今年の2月の電気代と灯油代の高さにぎょっとしつつ、
来年はどういうふうにしようか、今、考えているところです。

 ☆写真:今年は桜、スイセン、椿、チューリップがいちどに咲いています。

 ☆各種セッションのお知らせはこちらです。