2014年3月9日日曜日

おしゃれ男子を観察

先日、電車に乗ったとき、
おしゃれな、たぶん大学生ぐらいの男子を見ました。

まず、目がいったのは、黒、グレー、ブルーの迷彩柄のパンツ。
トップスはブルーのジャケットで、襟元からグレーのタートルネックのニットが見え、
足元は少しあせた黒の革靴。
後ろ姿だったので、前はどうなっているかそのときはわかりませんでしたが、
ショッキングピンクのイヤホンをしています。
クールな色彩にイヤホンが、まるで女子が選ぶようなピンク。

電車をおりる駅がきたので、その彼を前から再度、見てみました。
ショルダーバッグを肩からかけていたのですが、
ビニールの素材のバッグは白と黒の柄が入っていて、
なんとそこに、彼がしているイヤホンと同じピンクの水玉模様が入っています。
この人の、さし色はショッキング・ピンクなのです。
イヤホンとバッグのピンクを合わせてきました。
私がレッスンで教えている基礎を完璧にマスターしています。

大学生ですから、高級なものは身につけていませんし、
ブンカの学生のように、奇抜なものを着ているわけでもありません。
何げないけれども、細部まで気を配ったおしゃれ。
言われなければ、その気配りのほどは誰にもわからないほどです。
すばらしい。

こういう毎日の何気ないスタイリングの積み重ねが、
実力を作っていきます。
何気ない、普通の日常を、
たいしてお金もかけずに、きっちりおしゃれに詰めていく。
何気ないけれども、
だからといって、何も考えないで服を集めていたら、決してできません。

こういう人は、もっと大人になっても大丈夫。
自分の年齢にふさわしいスタイルを作り上げていくでしょう。
たくさんはいませんが、たまにこういう男子を見ると、こちらもなんだか楽しいです。
こういう人がもっとふえれば、
街はもっと美しくなることでしょう。