2014年2月22日土曜日

今年はワードローブの入れ替え時

次の秋冬コレクションをいろいろ見ていたら、
確かにワードローブの入れ替えは今だなと思いました。
去年はまだ買うべきものが市場には多く出ていなかったし、
デザイン的にも洗練されていないものが多かったのですが、
そろそろ時が熟してきたようです。

いわゆる「業界人」ではないので、持っているものを総とっかえはしませんが、
ちょうどいい感じでいろいろくたびれてきたので、
(実はこのあいだ、ウールのパンツの生地が破れました!)
今年はそれらを徐々にとり変えていくことになると思います。

この切り替えというのは、
渦中にいると、なかなか気づきませんが、
何年かたって振り返ったとき、
ああ、あそこから随分と流れが変わったのだなとわかると思います。
流行の総括というのは、過ぎてみないとわからないものです。

そうそう、14年の春夏では、
やわらかなトレンチコートを提案していたバーバリー・プローサムでしたが、
秋冬になったら、今度はぺらぺらの単に生地を羽織っているような状態になっていました。
どんどん形がなくなっていきます。

シンプル・ワードローブにこれらのものをどうやってのせていくかが、
これからのテーマです。