2013年6月25日火曜日

洗濯あれこれ

梅雨になると、洗濯ものが乾かなくて困ります。
特にバスタオル。
コットンのパイルのタオルは、とにかく乾きが悪いです。
買ったことはないのですが、
麻のタオルというものがあります。
布巾をふくタオルが大きくなって、体用になった感じのものです。
いつも、買ってみようかなと思うのですが、
パイルになれていると、
あの、ぺらっとしたもので体をふくのはどうなのかしらと思って躊躇しています。
ただ、絶対乾きは早いだろうし、
長持ちはしそうです。

洗剤も、去年すべてオーガニックのものに変えてしまったので、
正直、落ちは悪いです。
白いシャツなどは、着終わったら、すぐ洗濯機に入れて、洗っていますが、
それでも襟の汚れはすっきり落ちた感じがしません。
ただ、明らかに、洗っても、繊維が傷んだという感じは少なくなりました。
汚れが残っている個所があったら、
アルカリ電解水の洗剤を薄めたもので部分洗いをすれば、すっきり落ちます。

料理研究家の本を読んだら、
布巾は毎日、使い終わったら、洗剤に漂白剤を入れて洗濯機ですぐ洗うそうです。
やっぱりそこまでしないと、布巾を白く保つことは難しいのでしょうね。

まだやったことはないのですが、
洗濯の最終手段は煮洗いだそうで、
洗剤を入れたお湯でぐつぐつ煮れば、
白いものはかなり白くなるそうです。

白いものって、消耗品になりがちですが、
いろいろ工夫すると、少し長持ちするかもしれません。
今持っている白いシャツはとても気に入っているので、
あんまり汚れが落ちなかったら、
煮洗いに挑戦してみようと思っています。
そうやって、気に入ったものはなるべく長く使い続けたいです。