2013年3月24日日曜日

白シャツ、ふたたび

一時期、白シャツばかりを着ていた時期がありました。
ブンカに通っていた時期と、その後のニ、三年です。
そのときは、週末になると、
次の週に着る白シャツ5枚にアイロンがけをしていました。

そのときにお気に入りだった白シャツは、
ワ―カーズ・フォー・フリーダムというイギリスのブランドのシャツと、
ゴルチエのダブルカフスのシャツでした。

特にワーカーズ・フォー・フリーダムのシャツは、
着た時の分量感と、前立てについていたこったフリルの感じが好きで、
アイロンが面倒だったにもかかわらず、よく着ていました。

それがあるときから、さっぱり白シャツを着なくなってしまいました。
理由は、どんどんシャツのサイズがタイトになっていったから。
ストレッチが入って、ダーツでより細くなったシャツばかりになってしまって、
着なくなりました。

わたしは、どちらかというと、分量があって、
風が吹くと、ぱたぱたするような、中で体が泳ぐような、
そんなシャツが好きだったので、
タイトなサイズの白シャツは、あまり着たいと思いませんでした。

それがやっと、去年ぐらいになって、
風を受けてなびきそうな、そんな分量のシャツが市場に出てきました。
目安としては、身幅が95センチ以上で、100センチぐらいまで。
これぐらいのシャツを、ルーズに着たいのです。

今、わたしの好みの分量のシャツを探している最中。
なかなかこれといったものは見つからないのですが、
今、ちょっといいなと思える1枚があります。
もうちょっと探してみるつもりですが、
今年は久々の白シャツ気分なので、
何かしら買うつもりです。

ぴったりの白シャツが苦手だった方、
また、ぴったりの白シャツは似合わないと思っていた方は、
これからゆったりした白シャツが出てきますので、
ぜひ試してみてください。
似合わないのは、自分のせいではなくて、
シルエットのせいだったかもしれません。
身ごろの幅、袖幅、長さ、襟の大きさと形、白が黄色よりか、青よりなのか、
すべて吟味していけば、ぴったりくる白シャツに出会えると思います。
大事なのは、今流行っているシルエットかどうかより、
自分の好みのシルエットかどうかです。
白シャツというのは、いつの時代でも、すたれないアイテムです。
カール・ラガーフェルドがそう言っているのですから、
間違いないでしょう。

自分にぴったりの白シャツを着ていけば、
どこに行っても恥ずかしくありません。
それほどに、白シャツは最強のアイテムです。

☆写真:もくれん